ソフトカプセル入りのローヤルゼリーはどんなもの?

ソフトカプセル入りのローヤルゼリーはどんなもの?

ローヤルゼリーには生、乾燥、調整の3つのタイプがあります。
サプリメントとして取り入れる場合は、生と乾燥の2つのタイプを選べます。

ローヤルゼリーの中で最も質が高く、健康効果を実感しやすいのは生タイプです。
加工せず自然な形で取り入れる事ができますが、生ローヤルゼリーは刺激を感じるほどの強い酸味があるので、好みが大きく分かれます。
一般に出回っているローヤルゼリーサプリメントの多くは、粉末をソフトカプセルや錠剤にした物ですが、生ローヤルゼリーの独特のクセをカバーするために、ソフトカプセルに充填した物もあります。

カプセルにはソフトとハードがあります。
ハードカプセルはゼラチンや植物性の成分で作りますが、形が決まっているので粉末として充填する量に限界があります。
また水に溶けやすいため、液体状の物には使用出来ません。
ソフトカプセルは形を自由に作れるので、1粒あたりに使用できる量を調整できます。
ゆっくりと溶けていくので、液体も粉末も両方対応できます。
生ローヤルゼリーのようにクセが強い物も、匂いや味を封じ込めるので口に含んだ時の匂いや味も気にならないのがメリットです。

上質で健康効果が高い生ローヤルゼリーは、ソフトカプセルにした物もあるので、質を重視して選べます。
ただしコストがかかるため、サプリメントとしての価格が少し高めです。
液体にも使えますが、湿気に弱く湿気が入り込むとソフトカプセル同士がくっついてしまいますので、密閉容器で保管しなければいけません。
液体にも粉末にも使用できますが、粉末のみには不向きです。

ローヤルゼリーのサプリメントはソフトカプセルタイプも多いです。
ソフトカプセルは複数の成分を1粒に充填できるので、サプリメントとして見た時は、ハードカプセルよりもバランスが整っています。
ただしソフトカプセルだからと言って、全てが上質とは限りません。
ローヤルゼリーの配合量や1粒あたりの含有量などもチェックして選びましょう。