国産とニュージーランド産のローヤルゼリーどちらにする?

国産とニュージーランド産のローヤルゼリーどちらにする?

普段口にする物は国産が一番安心できるというイメージです。
しかしローヤルゼリーに関しては、国産は数が少なく入手が困難です。

外国産は安全面での不安がありますが、ローヤルゼリーに関しては外国産の方が高品質である事も多く、中でもニュージーランド産は世界的にも人気があります。
これからローヤルゼリーを取り入れる場合、国産とニュージーランド産のどちらを選ぶべきなのでしょうか?

国産は安全性や品質などあらゆる面で安心できます。
ただし現在国産のローヤルゼリーはとても数が少なくなっており、価格が高騰しています。
毎日続ける事で効果を実感できるようになるため、コストが高いと長く続けるのが難しくなります。
こういう場合は価格が安い外国産がおすすめです。

ローヤルゼリーはミツバチが作る天然の健康食品です。
ミツバチに種類は多少違いますが、ローヤルゼリー自体の栄養価はどこの物でもあまり大差ありません。
重視すべきなのは品質です。
品質で比較するとニュージーランド産は、国産にも負けていない物が多いから、気軽に続けたい人はニュージーランド産がいいでしょう。
自己責任での利用が条件ですが、個人輸入をすればかなり安く入手できます。

ニュージーランド産のローヤルゼリーが高品質なのは、年間を通して温暖な気候である事、自然に関する基準が厳しいからです。
ミツバチが活動できるのは暖かい気候が条件です。
日本にもミツバチがいますし、養蜂場でもローヤルゼリーを採取できますが、冬の間はミツバチは活動を停止して巣に篭るのでローヤルゼリーが作れません。
ニュージーランドなら年間を通して暖かいから、採取できる量は豊富です。

ニュージーランドには数多くの自然が残っており、自然保護や環境保護に熱心に取り組んでいます。
ローヤルゼリーはミツバチが花の蜜や花粉を噛み砕き、体内で合成した分泌物です。
巣の周辺にある花に農薬や科学肥料が付着していれば、ローヤルゼリーの品質も悪くなります。
ニュージーランドでは自然保護にも力を入れているから、原料となる花が汚染されていないのも高品質となる理由です。
また、ローヤルゼリーの人気商品についても合わせてご覧になってみてください。