効果抜群でも注意が必要、生ローヤルゼリーの弱点

効果抜群でも注意が必要、生ローヤルゼリーの弱点

ローヤルゼリーはミツバチが作り出す自然由来の健康食品です。
一般的にはエキスを配合したサプリメントで取り入れますが、生ローヤルゼリーという選択肢もあります。

生のまま取り入れる事ができるため、鮮度や栄養価が高く、抜群の健康効果が期待できます。
ただし生ローヤルゼリーにもメリットとデメリットがあります。

一般的に市販されているローヤルゼリーは、その多くが抽出したエキスを使用するサプリメントです。
もちろんエキスにも豊富な栄養素が含まれていますから、毎日続けていれば様々な健康効果を得る事ができます。
生ローヤルゼリーは、採集してから一切加工はせず純度100%の状態です。
一般的なのは72時間以内の採集したものですが、中にはさらに質が高い48時間以内のものもあります。
栄養価が高い、加工をしていない、鮮度が良いなどメリットはありますが、ローヤルゼリーにもデメリットは存在します。

生ローヤルゼリーはとても酸味が強く少しピリっとした味がします。
栄養価は高いものの味はあまり美味しいとは言えません。
生の場合はそのまま口にするので、味に馴染めずに途中で辞めてしまう人もいます。
生鮮食品と同じ扱いをしますから、冷蔵庫で保管する事が大切です。
ローヤルゼリーに含まれるデセン酸には、防腐剤の効果もあるから冷蔵庫で保管すれば品質は維持できます。
ただし生鮮食品と同じですから、早いうちに使い切る事が大切です。
冷蔵庫で保管しても、やはり時間が経過するほど品質は落ちていきますから、すぐに使い切れない時は冷凍保存する事で対処できます。

ローヤルゼリーを取り入れる場合は、生の方が高い効果が期待できます。
ただし毎日続ける事が大切ですから、独特の味と風味を受け入れられるかも考えておく必要があります。
そのままでは食べにくい場合は、ヨーグルトやジュースに混ぜる事もできますが、多少は独特の風味や味は残ってしまいます。
健康効果を重視するか、取り入れやすさと続けやすさを重視するかによって、自分に合ったローヤルゼリー
を選んでください。