他とは違う?北海道で作られたローヤルゼリー

他とは違う?北海道で作られたローヤルゼリー

ローヤルゼリーはミツバチがつくる天然の贈り物と例えられる事もある、栄養価の高い健康食品です。

現在日本で流通しているローヤルゼリーはその9割以上が、海外からの輸入品です。
ローヤルゼリーの産地として有名な中国製が多い事から、安全性に関する不安があります。
国産のローヤルゼリーは数が少ないものの、存在はしていますので探せば入手できます。
北海道産のローヤルゼリーは、シェアが1%とかなり数字は少ないですが製法にもこだわっているから安心して取り入れる事ができます。

ミツバチが活動できるのは、暖かい時期です。
日本には四季があるためミツバチは冬の間は外に出ず巣の中で過ごします。
冬眠をするわけではなく、女王蜂と働き蜂が体を寄せ合い羽を小刻みに動かす事で、熱を発し巣の中とお互いを温めているのです。
しかし冬の間は女王蜂も産卵を休んでいるので、ローヤルゼリーは作らず、暖かい時期に蓄えたハチミツを食べています。
そのため年間を通してローヤルゼリーが採れるわけではないため、ただでさえ数が少ない北海道産のローヤルゼリーはかなり価格が高めです。

ローヤルゼリーは作られてから時間が経過するほど品質が落ちていきます。
一般的には72時間待って量が増えてから採集しますが、あえて48時間サイクルで採集する事で、栄養価が高く高品質な物になります。

数が多く出回っているのは中国産や台湾産です。
海外製でもきちんと品質を重視して選べば、安全性の高い物もありますし、値段もお手頃だから続けやすさではメリットとなります。
安全性や品質を重視して選べば、海外製のローヤルゼリーでも問題ありません。
選ぶ基準としては、ローヤルゼリーの成分自体は、産地に左右される事はありません。
養蜂場周辺で農薬が使われているか、使われていないかが決め手となります。
海外製でも、第三者機関によって、しっかりとチェックがなされているものであれば、安全性が高いと判断できますから、産地よりも品質で選ぶのが一般的です。